小児歯科

小児歯科とは

当院では、親御さんにはもちろんですが、お子さんにもしっかりと治療についてご説明しています。決して子供扱いせず、年齢に応じて理解できる言葉で虫歯のことや治療に使用する器具のことをお話しています。そうすることで子どもなりの理解を得ることができ、泣いたり動いたりすることも減り、「治療を頑張ろう」と思ってもらうことができます。

フォーハンドシステム

当院では、歯科医師と、歯科衛生士または歯科助手の、4つの手で治療をする「フォーハンドシステム」を採用しています。医療はチームワーク、決して1人ではできません。歯科医師が虫歯を削ったりお薬を詰めている時、その道具出しや唾液の吸引などをしてくれる歯科衛生士や歯科助手がいなければ、スピーディに的確な治療を進めることはできないのです。患者さんに最良の治療をご提供するためにも、必ずフォーハンドシステムで治療を行ってまいります。

年齢別の虫歯治療

1歳の治療

ほとんどのお子さんが泣いてしまうため、検査も治療もなるべく手早く行うことを心がけています。虫歯予防のためのフッ素塗布を行う場合が多く、虫歯の場合はどんな治療をするかしっかりと話し合った上で治療を進めます。

3歳からの治療

まだ泣いてしまうお子さんも多いですが、理解できる子には器具の説明をしています。「tell(話す)show(見せる)do(実際にやってみる)」を行うことで、治療への関心を深めてもらいます。

4歳からの治療

治療や使用する器具のお話もしっかりと理解できる年齢になったら、「tell・show・do」を行いながら、しっかりとお口の中の検診をしていきます。バイトウイング法を用いたレントゲン撮影で目に見えない虫歯を探し、治療します。

治療メニュー

シーラント

食べ物が詰まりやすい奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込むことで、食べかすや汚れを付着させないようにする予防法です。

フッ素塗布

虫歯予防の効果があるとされているフッ素を、直接歯に塗布することで虫歯予防ができます。虫歯の初期段階の場合、フッ素塗布することで改善することもできます。

バイトウイング法

 

レントゲンを撮影する際に、肉眼では確認できない歯と歯の隣接面の虫歯まで見つけられるよう、

歯の真横から撮影する方法です。早期に虫歯を発見できるため、最小限の治療で済ませることができます。

表面麻酔

表面麻酔で皮膚を麻痺させてから麻酔を注入することで、麻酔針のチクっとする痛みを軽減することができます。当院ではシールを貼るだけの簡単な表面麻酔を採用しています。

※アレルギーのある方は使用できないことともあるのでお申し出ください。

虫歯をつくらないために気を付けていただきたいこと

だらだら食べ・だらだら飲みをしない

同じ量のお菓子でも、一度にまとめて食べてしまうのとだらだらと時間をかけて食べるのでは、時間をかけた方が遥かに虫歯になるリスクが高いのです。お口の中は、食べ物や飲み物が入ることで酸性になります。そうすると歯が溶けやすくなり虫歯ができやすい状態になるのです。その後30分程度で元の状態に戻るのですが、だらだらと時間をかけて食事をしてしまうと、お口の中がずっと酸性状態になってしまいます。しっかりと時間を決めて食べること、飲むことを心がけてください。

毎日の歯磨きをしっかりと

お子さんが一人できちんと歯磨きができるようになるまでは、親御さんの後磨きが非常に大切になります。その際、ただ闇雲に磨くだけでは意味がありません。しっかりと磨けているか、よく歯を見ながらブラッシングしてあげてください。また、お子さんを仰向けに寝かせて頭を固定した状態で磨くことで、安定した体制できちんと磨くことができます。当院では、正しいブラッシング方法の指導も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

定期健診をお受けください

虫歯がなくても、定期的に歯科医院に通いメンテナンスをお受けいただくことをおすすめいたします。フッ素は歯の質が強くなり虫歯になりにくい歯をつくってくれたりと、メンテナンスを行うことで長期的に虫歯になりにくい歯を手に入れることができるのです。定期的なメンテナンスと毎日の歯磨きで虫歯予防を行いましょう。

はなここども歯科クリニック 電話番号:044-948-4618