はじめて来院される方へ

おかげさまで、現在多くの患者さんに来院いただいている状況です。そのため、次回のご予約が数週間先となってしまい大変ご迷惑をおかけしております。特に平日の15時~18時の間は大変混み合っているため、ご了承ください。
なお、当日キャンセルが出た場合はご予約をお受けできる可能性もございますので、お電話でお問い合わせください。
また、ご予約日時の間違いやお忘れが非常に増えておりますので、ご予約された際には来院前にご確認ください。より多くの患者さんにスムーズに診療を受けいただきたいと考えておりますので、ご協力をお願いします。

保護者の方へお願い

正しい知識を身に付けてください

近年、テレビ、インターネット、雑誌などから誤った知識や情報を得ている患者さんが増えています。歯の生え方や成長の速度はお子さん一人ひとり異なりますから、正しい歯磨きの仕方や頻度もそれぞれに合わせた正解があるのです。お子さんのためにも、テレビなどで知った情報をすべて鵜呑みにするのではなく、専門機関で正しい情報を得ていただきたいと思っています。

歯磨きをすることを日課に

歯磨きを嫌がってしまうというご相談をよくいただくのですが、歯磨きを決して特別なことだと思わないでほしいのです。身体が汚れたらお風呂に入ることと同じように、食事をしたらお口の中が汚れるのだから歯磨きをする。「泣いてしまうからやめておこう」ではなく、歯磨きも日常の一過程として当たり前にお子さんに身に付けさせてほしいと考えています。

歯科を好きになる協力をしてください

『痛い』=子どもの口の中をさわる器具が入ると違和感や不快感があるのが、それを子供はうまく表現できず“痛い”ということもあります。“痛い?”と聞くとマイナスイメージになってしまいます。

『何もしないよ』=ミラー(鏡)を口の中に入れるだけでも、お子さんにとっては“何かしている”ことになります。

『注射』=注射という言葉は言わないでください。普段の生活の中でも“悪いことをするとチックンしてもらうよ”とおどかすように使うと【歯科=罰ゲーム】の場になりかねないのでご協力ください。

 

以前、ある学校の校長先生が講演で下記の事を仰っていました

何かできない時=怒らないでください。たった数年しか生きていないのだから経験値が少ないのでできなくて当たり前です。

何かできた時=たくさんほめてあげて下さい。

ほめてもらうとは大人でもうれしいことです。子どもは繊細でとても素直です。

はなここども歯科クリニック 電話番号:044-948-4618